パワーストーン スリランカの最近のブログ記事

スリランカの宝石と伝承

宝石には、数々の伝承があり、それらが宝石のパワーストーンとしての価値を高めています。なかでもスリランカの宝石には、数々の伝承があります。
権力の象徴として、王が身につけたという話、またその輝きが邪悪を退ける、寄せ付けない、と言われ、子どもが生まれると贈られることもあったようです。さらに、永遠の輝きを身につけることから、不老不死の命を手に入れられるとして長寿を願う人たちがまさにお守りにしたという伝承もあるのです。

スリランカの宝石は、古来世界に知れ渡っていました。紀元前10世紀、ソロモン王は、シバの女王にスリランカ産のルビーを贈り、彼女のハートを射止めたと言われています。また、「アラビアン・ナイト」の物語にも、実はスリランカの宝石の産地であるラトゥナプラが登場します。船乗りのシンドバッドが訪れたというのです。
さらに13世紀には、中国からの帰路にマルコ・ポーロがこの島に立ち寄ったという記述が「東方見聞録」に見られます。「東方見聞録」のなかでは、「セイラン島」とあります。「セイラン島」の宝石の素晴らしさをほめたたえる記述です。
その他、イギリスのチャールズ皇太子が、故ダイアナ妃に贈った婚約指輪のブルーサファイヤは、スリランカ産と言われています。
スリランカの宝石は、アレキサンドライト、キャッツアイ、サファイヤ、ルビー、ムーンストーンが有名です。日本でいうクリスタル(水晶)と同様、人びとの守りの石として、また権力や富の象徴として、今も受け継がれています。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちパワーストーン スリランカカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはパワーストーン ショップ(店)です。

次のカテゴリはパワーストーン チャージです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。