スリランカの邪悪を寄せ付けない石

紅茶、「セイロン」で有名な、かつての「セイロン島」は、現在、「スリランカ」という名称になりました。ここは、紅茶のあのルビー色そのものに、ルビーの産出国でもあるのです。
スリランカのルビーの歴史は古代までさかのぼります。
紀元前10世紀に、ソロモン王がシバの女王のハートを射止めるために使ったのが、ルビーです。そしてそのルビーはというと、ここスリランカ産のものだったといわれているのです。
スリランカは、古来から数々の大国の支配を受けてきました。それらの大国がなぜ、それほどこの小さな島国に憧れ、支配したがったのかというと、ここが、宝石の宝庫だからです。スリランカとは「光り輝く島」という意味。まさにその通りで、ルビーやアレキサンドライト、キャッツアイ、サファイヤ、ムーンストーンなど、女性が憧れる数々の宝石が多数産出されるのです。

これらは宝飾品としてだけでなく、「パワーストーン」として、つまりお守りの石として人びとの生活のなかで大切にされてきました。日本でクリスタル、つまり水晶を数珠玉にしてもったりして身につけるのと同じです。
宝石は、永遠の光を放ち、邪悪なものを寄せ付けないと伝えられているからです。
宝石の代表的な産地である、ラトゥナプラは山中の小さな村です。ここでは現在でも土地の人たちが、実に素朴な方法で光り輝く宝石を掘り出しています。宝石店のガラスケースに飾られた宝石類を見つめながら、それらの祖国であるスリランカに思いをはせてみるのもいいかもしれません。

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年8月22日 13:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パワーストーンの歴史:ニューエイジ運動とクリスタルパワー」です。

次のブログ記事は「パワーストーンの選び方と購入のポイント」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。