パワーストーンの効果:琥珀…ギンタラス

「ギンタラス」とは、リトアニア語で「琥珀(こはく)」を意味する言葉です。バルト地方は、琥珀の大鉱床があり、良質の琥珀が大量に産出されることで知られています。バルト3国からデンマークにかけての多国籍地帯です。
そもそも琥珀は、日本全国、世界中で、産出されるのですが、まとまった量の良質な琥珀となると、日本では岩手県久慈地方の「久慈琥珀」、世界では、バルト海沿岸の「バルト琥珀」が知られています。
そして宝飾品としてのみならず、お守りとして、大切にされてきたのです。
クリスタルに並ぶパワーストーンとしての琥珀の位置づけは世界中にあり、中国でも「琥珀」は、「虎」の魂が化した宝石として珍重されてきました。(中国の本草学者、李時珍(1518年~1593年)が著した「本草網目」には「琥珀」の文字についての解説があります:「虎が死ぬと、その精魂は地に入り石と化して、「虎 白鬼 (コハク)」になると古くから信じられている。後代、文字に玉偏がつけられて琥珀と記すようになったのは、それが玉に類するからである。」)

バルト海では、古くから、琥珀が子どもを病気から守るとされ、子どもに琥珀を贈る習慣があります。子どもに琥珀を贈れば、子どもを悪意のまなざしから守り、健康をもたらすと信じたのです。

先述の「ギンタラス」というリトアニア語は、琥珀を意味すると申し上げましたが、リトアニア語でそれは「病気から身を守る」という意味をもつのです。

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年8月20日 13:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パワーストーンのケア:洗う、浄化、チャージ」です。

次のブログ記事は「パワーストーンのコミュニケーションと効果」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。