スリランカ(光り輝く島)と宝石(パワーストーン)

スリランカという国をご存じでしょうか?
かつて「セイロン島」と呼ばれていた島です。紅茶のセイロンティーでご存じの方も多いのではないでしょうか。
「スリランカ」とは、「光り輝く島」と言う意味で、人びとは、1972年における改名に誇りをもっています。

スリランカは、インド洋に浮かぶ島国です。赤道と北回帰線に挟まれた熱帯に位置し、緑の豊な環境に包まれている美しい島です。北海道をひと回り小さくしたほどの面積(総面積は6万5690キロ平方メートル)で、ちょうどインド亜大陸が、ポロンと涙を一粒落としたようだ、と言われます。

ここは古代から仏教王国として栄えてきました。現在、偉大な遺跡の数々がユネスコの世界遺産に登録され、世界の注目を集めています。
●スリランカの世界遺産
・アヌラーダプラ宗教都市
・ポロンナルワの古代都市
・シーギリアの古代都市
・シンハラジャ森林保護区
・キャンディの宗教都市
・ゴール旧市街とその要塞群
・ダンブッラの黄金寺院
以上7つが2006年の時点で登録されているもので、「シンハラジャ森林保護区」は自然遺産、他の6つは文化遺産です。

実は、この小さな島国は、本当の「光り輝く島」なのです。
どういうことかというと、宝石のまさに宝庫なのです。パワーストーンとして名高い、クリスタルではなく、ここの守りの石は、情熱の石「ルビー」です。
スリランカにおける宝石の歴史は古く、紀元前10世紀、ソロモン王が司馬の女王のハートを射止めるのに使ったルビーがスリランカ産だったと言われます。

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年8月19日 13:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パワーストーンの洗い方」です。

次のブログ記事は「パワーストーンのケア:洗う、浄化、チャージ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。