パワーストーンの効果:花嫁と琥珀

バルト海沿岸、すなわちバルト3国~デンマーク一帯の多国籍地帯には、琥珀大鉱床が広がっています。世界で「琥珀(こはく)」といえば、バルト琥珀、と言われるほど、ここは琥珀で有名な場所です。
このバルト地方では、琥珀を宝飾品のみならず、パワーストーンとしてお守りにして身につけたり、愛する人に贈ったりしてきました。
日本では、花嫁にどのような宝石を贈るのでしょうか?
誕生石を贈る人が多いのかもしれませんが、ダイヤモンドがやはり定番かもしれませんね。
バルト地方では、古くから琥珀を花嫁に贈る習慣があります。バルト海近くの人たちは、琥珀が愛を実らせるパワーストーンであると信じられ、クリスタルと並ぶパワーストーンの典型とされてきたのです。そのため恋人への愛と無事を祈る思いを琥珀に込めて、ペンダントにし、贈る習慣があったのです。
琥珀のペンダントを贈られた花嫁は、幸せと長寿を保証する琥珀を身についてお嫁に行くのです。なかでも琥珀の貴重種「虫入り琥珀」のペンダントは、悪霊を寄せ付けないパワーがあるとされ、母親が嫁ぐ娘にそっと内密に贈ったといいます。
また、お嫁にいった娘が妊娠すると、妊婦が自分自身と生まれてくるわが子の健康と無事を祈って琥珀のネックレスを身につけたといいます。また、生まれてきた子どもにも琥珀が贈られました。琥珀のあの微妙な色合いをみていると本当にパワーを感じます。琥珀は、病気から身を守るという意味をもつのです。

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年8月18日 13:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パワーストーンの浄化:ネガティブなパワー」です。

次のブログ記事は「パワーストーンの洗い方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。