パワーストーンの歴史:ニューエイジ運動とクリスタルパワー

昔から、多くの民族において、宝石や稀石には、特別なパワーがあると信じられてきました。西洋では、「紫水晶(クリスタル)」には、毒や魔術を防いでくれる力があると信じられてきました。また、アステカ文明やマヤ文明では、呪術の道具として「ヒスイ」を使用してきました。

このような宝石のパワーに関しての考えが、1980年代初め、アメリカで起こった「ニューエイジ運動」に取り入れられて、石のもつヒーリング効果についての解釈がなされるようになりました。この時に、ヒーリングのパワーが特に大きいと注目されていたのが「水晶(クリスタル)」で、その効果が解き明かされるようになり、「クリスタルパワー」という言葉を耳にするようになりました。

このことが、1980年代後期~90年代前期に、占星術者によって日本に紹介されると、日本でも“パワーストーンブーム”が起こって、宝石類が割安な価格で売ることができるようになりました。その後、そのブームは下降気味になりましたが、2000年頃から、「石の浄化」について注目され、パワーストーンブームの波が再び訪れています。

パワーストーンの代表と言えば、「クリスタル」です。クリスタルは、「石英」とも呼ばれることがあり、一般的に「水晶(クリスタル)」のことを言います。二酸化ケイ素の結晶によってできた鉱物で、美しい六角柱の形の自形結晶を形成することが多いです。大きな結晶の石英のことを、水晶(クリスタル)やクリスタルと呼ばれ、昔は「玻璃(はり)」と言われ、貴重なものとされていました。

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年8月22日 01:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スリランカとは光り輝く島の意味」です。

次のブログ記事は「スリランカの邪悪を寄せ付けない石」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。