11月と12月の誕生石:トパーズ、ターコイズ、ラピスラズリ

11月の誕生石「トパーズ」は、輝きを与えてくれるパワーストーンです。トパーズを身に付けていると、持ち主の評価が上がり、仕事面で力を発揮する効果があるようです。また、幸せを呼び寄せ、金運を招くと言われています。

この石は、パワーストーンの中でも、最も多くの力をもたらすと言われています。そのため、身に付けていると、悲しみや不幸を追い払い、勇気と知性を高めてくれるそうです。また、昔は、首にかけていると、呪いを跳ね除けると考えられていました。

トパーズは、日本でも採取することができる鉱物ですが、宝石として持つのなら、やはりブラジル産などの海外で産出されたものが良質です。一般的な色合いは、少し赤みがかったイエローで、最も価値の高いものは、ピンク色のトパーズだそうです。

12月の誕生石「ターコイズ」は、鮮やかなブルーが、空の色を連想させ、運気を向上させる傾向があると言われています。

ターコイズは、別名「トルコ石」とも呼ばれています。その昔、トルコを経由して、イランからヨーロッパに持ち込まれたそうです。そして、フランス語で「トルコの石」を意味する「ピール・ターコイズ」と名付けられたそうです。古くからヨーロッパでは、とても重宝されており、色に変化が現れたり、割れたりすると、災難や不幸を持ち主に知らせたり、ターコイズが身代わりとなったりした、という話も残っています。

「ラピスラズリ」は、主に、アフガニスタンで産出されます。より青色が濃くて、色むらが少ないものほど、高く評価されます。ラピスラズリは、水晶(クリスタル)と並んで、数あるパワーストーンの中で、最も古くて強い力をもつ石です。邪気を追い払う強いパワーがあると信じられ、世界各地で、さまざまな儀式に使用されていたそうです。

このブログ記事について

このページは、okkamanが2009年7月31日 01:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パワーストーンの効果でエネルギーはシリトン、ブラックストーン」です。

次のブログ記事は「パワーストーンの効果で運命はピンクオパール,アイオライト,パイライト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。